2008年03月02日

少しは練習してるぞ!

このところ、久しぶりにエチュードをいくつかさらって録音してみています。ケーラーの2巻から4曲とアンデルセンの練習曲Op.15-3を追加しました。

http://anet21.com/yoshimoto/flute/dl/misc/etude.html
posted by Malcel at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | フルート演奏MP3

2008年02月28日

エチュードをさらって・・・

練習曲のなかでもお気に入りの2曲を録音してみました。
どちらもアンデルセンの練習曲で、
24の練習曲 作品15より第1番 ハ長調
18の練習曲 作品41より第11番 ヘ長調
この二つを吹いてみました。
posted by Malcel at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | フルート演奏MP3

2008年02月24日

ケーラー作曲:15の易しい練習曲 作品33-1

日本のフルート練習者なら必ずといって手がけるケーラーの第一巻を全曲吹いています。
模範演奏という意味ではなく、自分流に解釈して小品集のようなとらえ方で演奏していますので、それなりに楽しめる演奏だと思います。さっき2時間ぐらいかけて、15曲を一気に録音してしまいました。
その他のコレクションの中にまとめて入れています。

http://anet21.com/yoshimoto/flute/dl/misc/etude.html
posted by Malcel at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | フルート演奏MP3

2008年02月17日

久しぶりに・・・

この1年間ほとんどフルートから離れて・・・
しかも昨年の9月からはクラシックギターも離れて・・・
いろいろと落ち込んでいたのですが、
まあ、やや春も近くなったということでホームページを再開しました。

そこで久しぶりにフルートを出して、パウエルのオーラマイトに銀の頭部管をつけてバッハの無伴奏バイオリンパルティータの3番を吹いてみました。1番と2番は既に全曲録音していましたが、3番はプレリュードだけ吹いていたので、思い立って1日で全楽章を録音してみました。素人のやっつけ仕事なので仕方ないけど、この2年間で相当腕が落ちていることに愕然、楽器も違うが、音色、キレ、さらにはピッチも違う!

やっぱり少しでもたゆまず吹くことが大事だね。

http://anet21.com/yoshimoto/flute/dl/bach_solo/index.html
posted by Malcel at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | フルート演奏MP3

2007年12月22日

フルートの自宅録音法

サイファさんの書き込みもあったので、まとめてご紹介します。

【フルート録音のマイクセッティング】
 マイクのポジションについては、ホールで録音する場合は、会場が広い上に残響も一緒に録音してしまうので、マイクまでの距離をかなりとりますが、宅録の場合、今のコンデンサーマイクでは感度が良いため、ブレスノイズを過度に拾ってしまいます。そこで試行錯誤した上で、後頭部の後ろ1メートルのあたりに置いて録音することにしました。マイクの後ろ20センチぐらいの所は既に壁ですので、壁からの反射音も多少拾っているはずです。これでちょうどいいぐらいにブレスノイズが軽減されます。息音が全くないと味気ないので・・・
 もちろん、ホールで録音するなら、こんなへんてこなセッティングはしませんが。

【最近使用しているマイクロフォン】
 最初の頃は、ソニーの5000円くらいの小型の四角い一体型ステレオコンデンサーマイクを使っていましたが、今はベリンガーのC-1で録音しています。

【録音ソフトで使うコンプレッサーやイコライザーについて】
 コンプレッサーというよりは最終段階でピークがオーバーしないようにマキシマイザーを入れて、スレッショルドを-3から-5程度、アウトレベルを-0.5程度にして僅かに音圧を上げています。このほうが聴感上自然だからです。
 イコライザーは特にかけていません。マイクの周波数特性から考えると8Kあたりの感度が強いようなので、僅かに落とした方がよいのかもしれませんが、マイクのセッティングでカバーできており、それ以上は必要性を感じていないので何もしていません。
(ノイズリダクションのところで補足説明します)

【フルートの場合のノイズリダクション】
 フルートから出る音はノイズも含めできるだけたくさんの情報を取り出すように録音しています。
 ノイズリダクションとは楽器の外から発生する音、たとえば空調機械、パソコンの稼働音など、また可聴範囲外のひずみをもたらす成分をとっているだけです。これらは録音の最初の段階でインサートしています。

 まず、DCオフセット、ランブルノイズ、60Hz(西日本なので)ハムといった電気的なノイズを取ります、これらほとんどは耳には聞こえませんが、録音の濁りとなりますので。さらにフルートでは発生しない低音域(具体的には50Hz以下)ローカットして足音などを消します。

 その次に環境騒音、エアコン、パソコンなどの暗騒音をサンプル録音し、サンプルの逆位相を入れて消し込みます。
これでほぼ無音のスタジオが完成します。

 ノイズリダクションといっても、楽器から発生する音は息音やキーノイズ、爪音でも消し込むことはありません。マイクセッティングを今のようにする前に、ディエッサー(主にヴォーカルの「サ行」の発音を柔らかくするプラグイン)を使ったこともありましたが、音色が変化するのでやめました。

【DAWの録音品質】
 相変わらずCubaseSX3で内部処理は32bit/floatの44.1KHzです。
サウンドカードはPRODIGY192なので192KHzまで対応可能なのですが、最終的にCDの16bit/44.1KHzにダウンさせてCDやMP3をつくるので44.1で録音しています。
posted by Malcel at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | フルート演奏MP3

2007年03月20日

愛の挨拶とロマンス

久しぶりフルートとMIDIハープで2曲演奏しました。

 エルガーの愛の挨拶を新しいバージョン(ホ長調)と
 サン=サーンスのロマンス作品37です。

どちらも愛にちなんだ曲です。
ちなみに、明日は結婚記念日です(21回目)

どちらもフルート小品集のページにあります。
posted by Malcel at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | フルート演奏MP3

2007年03月02日

新録音のBWV1030第一楽章

久しぶりにバッハの本格的な曲を新たに録音してみました。
バッハのフルートとチェンバロのためのソナタの中でも、最も多くダウンロードしていただいているロ短調ソナタBWV1030の第一楽章です。
前の録音より僅かにテンポを速くして現代的な演奏にしてみました。
チェンバロのパートも新たに作り、アーティキュレーション、フレージングもかなり作り込んだつもりです。

実はワイフはチェンバロ奏者で、家には大型の二段鍵盤チェンバロが鎮座しています。そのチェンバロを背にせっせとコンピューターに打ち込む自分を時にむなしく感じてしまいます。
posted by Malcel at 21:56| Comment(1) | TrackBack(0) | フルート演奏MP3

2007年03月01日

ミヨーのスカラムーシュ

本日、プレイヤーズ王国でミヨーのスカラムーシュよりブラジル女が公開されました。

スカラムーシュはもともとピアノ連弾のための有名曲ですが、サクソフォン奏者にとっても数少ないサクソフォンとピアノあるいはオーケストラのためのレパートリーとしてピアノ演奏での機会よりさらに耳にすることが多い曲です。
今回はフルートとハープでスカラムーシュの中でも最も有名な第3楽章の「ブラジル風(あるいはブラジル女)」をフルートとハープで演奏しました。
サンバのリズムに乗って楽しく、ちょっとヴィルティオーソ風のパッセージもあったりしていい曲です。

フルートへの編曲については、サクソフォン演奏のために圧縮されていた音域をフルートの音域をフルに使って展開しています。そのためメロディーラインはサクソフォンよりよいと思います。
posted by Malcel at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | フルート演奏MP3

2007年02月26日

地味なフォーレを2曲

相変わらずフルートとMIDIハープの組合せでフォーレの曲を二つ地味に演奏しました。

 フォーレ作曲 / パバーヌ 作品50
 フォーレ作曲 / シチリアーノ 作品80

どちらも地味ですが、味わいのある曲です。
posted by Malcel at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | フルート演奏MP3

2007年02月23日

2007年02月21日

バッハ、ユーミン、クライスラー

ダウンロード可のバッハを2曲。まず、バッハによるオルガンのためのトッカータ・アダージオ・フーガBWV564よりアダージオをフルートとパイプ・オルガンのサウンドで演奏しました。オルガン・ストップはフルート・ストップの音色を選んでいます。ピアノ伴奏によるCDがいくつかありますが、ピアノ伴奏の場合はかなりロマンチックな演奏がほとんどのようです。私のこの演奏はバロックオルガン的な荘厳で強い意志を持っているような音楽をめざしてみました。(自己評価)

バッハのもう一曲は、バイオリン・ソナタ BWV1017より第一楽章シチリアーノです。この曲はバッハ通の方ならすぐお解りのように、マタイ受難曲の「憐れみたまえ、わが神よ」にそっくりの曲です。本来は悲痛な曲想ですが、ハープ伴奏にして軽い雰囲気の曲として演奏しています。

プレイヤーズ王国ではクライスラーの「愛の喜び」ウィーン古典舞曲集(1)が公開されました。この曲の苦労話はプレイヤーズ王国のノーツに書いています。

さらに「卒業式のためのユーミンメドレー」もプレイヤーズ王国で公開されました。これは、長女が小学校6年の時にPTAの役員をしていた私が、学校から「卒業祝いの会」で何か演奏してと頼まれ、そのために編曲したものです。プレイヤーズ王国ではメドレーの公開はできないので、3曲にばらして公開しています。下記の順番で続けて聴いてください。
 1.守ってあげたい
 2.卒業写真
 3.やさしさに包まれたなら

ホームページのフルート小品集からもアクセスできます。
posted by Malcel at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | フルート演奏MP3

2007年02月20日

プーランクの即興曲13番

プレイヤーズ王国でプーランクの即興曲13番イ短調が公開されました。

フルートでの演奏は聴いたことがありませんが、こうしてフルートとハープで演奏してもとても美しい曲です。

即興曲15番で味をしめて、勢いで作ったのがこれです。

演奏時間2分ちょっとの小品ですが、テンポがゆらゆらと揺れる曲なので、MIDIデータ作りにはかなり時間がかかりました。
posted by Malcel at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | フルート演奏MP3

2007年02月18日

パバーヌの手直し

アップしたばっかりなのに、ゆっくり聴いてみたらMIDIの伴奏パートに入力し忘れていた音符が3個見つかり、それがどうしても気になったので、手直ししました。ついでに装飾音符もやや上品に手直ししました。
posted by Malcel at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | フルート演奏MP3

2007年02月17日

亡き王女のパバーヌなど

フルートとハープでお手軽なオリジナル編曲の小品をいくつかアップしました。

ラヴェル作曲 / 亡き王女のためのパバーヌ
よく演奏される曲ですが市販の楽譜は、なぜか後半のGのドリアのメロディーが伴奏のパートになっています。オーケストラ版で最もおいしいこのメロディーを他に渡すわけにはいきません。いいメロディーはすべてフルートに持ってきたオリジナルな編曲です。

パラディス作曲 / シシリエンヌ
バイオリンの小品ですが、フルートで吹いても魅力的な曲です。いろんな調子を試してみてト長調で落ち着きました。

サティ作曲 / ジムノペディ 1
サティ作曲 / ジムノペディ 2
サティ作曲 / ジムノペディ 3
無重力のようなこの曲はホントに独創的です。真剣に聴くというよりかBGM向きです。

フルート小品集においています。
posted by Malcel at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | フルート演奏MP3

2007年02月16日

プーランクの曲を二つ

プレイヤーズ王国でプーランクの小品が二つ公開されました。

 1. 即興曲15番「エディット・ピアフ讃歌」
 2. カンティレーナ(フルート・ソナタ 第二楽章)

即興曲はピアノソロの小品ですが、ワイフが弾いているのを聴いて一発で気に入り、フルート用に編曲したものです。編曲といっても、メロディーと伴奏、対旋律がはっきりしていますので、たいしたことはありません。原調はハ短調ですが、音域に無理があったのでいろいろ試した結果ヘ短調にしました。

カンティレーナは言わずとしれたあの有名曲です。有名演奏家の名演が多々あるので、欲張らず淡々と吹いています。

即興曲は13番も近々公開されます。

フルート名曲・小品集のページからもアクセスできます。
posted by Malcel at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | フルート演奏MP3

2007年02月13日

ピアソラのタンゴの歴史より

ピアソラのタンゴの歴史より「カフェ1930」がプレイヤーズ王国で公開されました。

原曲はフルートとギターですが、ギターパートをハープに替え、音もいくらか加筆して、より豊かな響きを作っています。ギターの素朴さとはまた違ったリッチな感じになっています
posted by Malcel at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | フルート演奏MP3

2007年02月12日

レスピーギとモーツァルトを

このところ凝っているフルートとハープの編曲物で3曲追加しています。

「リュートのための古風な舞曲とアリア」から特にきれいな曲のイタリアーナシシリアーナを編曲しました。
この曲は弦楽合奏版が最も有名ですが、レスピーギ自身によるピアノへの編曲もあります。私の編曲ではこのピアノ編曲も参考に両方のいいとこ取りをしてハープ伴奏を作りました。

もう1曲はモーツァルトの歌劇《魔笛》より夜の女王のアリア「復讐の心は地獄のように燃え」のフルートとハープ版です。
こちらは単にソプラノのアリアをフルートで吹くだけでは能がないので、フルートの器楽作品になるようにソロを作り、伴奏はオーケストラのスコアから直接ハープパートを作りました。
それなりに格好のよいアンコールピースとして生まれ変わっていると自負しています。

どちらもフルート小品集にあります。
posted by Malcel at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | フルート演奏MP3

2007年02月11日

男はつらいよ

たまには変わった曲もということで映画「男はつらいよ」のメインテーマを高尚なフルートとハープ、そして特別にピアニカを交えてプレイヤーズ王国で公開しました。ピアニカがいい味を出しているのでぜひ聴いてください。

【起】
昨年からNHKのBSで「男はつらいよ」全48作一挙放送のシリーズがあり、お正月に録画していたのを見ていたら、メロディーが頭にこびりつき、何の気なしにフルートで吹いているのを聴いて妻曰く「イベールなんかよりよっぽどさまになってるんじゃない?」・・・ひどいお言葉!

【承】
それなら編曲して吹いてみるか。録画を何回か聞きコードとイントロ・間奏をメモしてフィナーレであっという間に編曲、MIDIに落としてCubaseでオーケストレーション、レコーディング、といつもの手慣れたパターン。

【転】
聴いてみたがなんかもの足らない。寅さんのあの味が出ないなあ。いろいろ考えたあげく・・・!そうだピアニカを使おう!
子供のところに行ってピアニカを拝借、イントロと間奏に使う。

【結】
我ながらピアニカの巧さに酔う。フルートのような息づかいで味わい深い。
妻にも聴かせたら「うん、フルートはイマイチだけどこのピアニカはいい味が出ている。明らかにフルートのほうが下手ね」・・・再びひどいお言葉。

フルート小品集のページからもアクセスできます。
posted by Malcel at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | フルート演奏MP3

ドビュッシー:小舟にて

今日はドビュッシーの小組曲より「小舟にて」をアップしています。
この曲の出だしのフレーズは非常に長いので、循環呼吸を使っています。
管弦楽版と同じくフルートとハープの演奏にしました。
posted by Malcel at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | フルート演奏MP3

2007年02月07日

いろいろいっぱい

フルートとハープに編曲して、いろんな曲を結構まとめてアップロードしています。

☆ダウンロード可能な分☆
---------------------------------------------------------------------
ビゼー作曲 / カルメンから間奏曲
ノブロ作曲 / メロディー (吉本によるリメイク版)
ラフマニノフ作曲 / ヴォカリース
---------------------------------------------------------------------

☆著作権の関係でプレイヤーズ王国で公開している分☆
---------------------------------------------------------------------
風笛 - NHK連続TVドラマ「あすか」のテーマ (大島ミチル)
黄昏のワルツ (加古隆)
涙そうそう (BEGIN)
少年時代 (井上陽水)
「タンゴの歴史」よりカフェ・1930 (アストル・ピアソラ)
TWO FOR THE ROAD (ヘンリー・マンシーニ)
MEGGIE'S THEME (ヘンリー・マンシーニ)
映画「男はつらいよ」メインテーマ (山本直純)
---------------------------------------------------------------------
プレイヤーズ王国の分の一部は登録はしていますが、まだ公開になっていない分もあります。数日中には公開されます。

どの曲もフルート小品集のページからアクセスできます。
posted by Malcel at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | フルート演奏MP3