2009年10月13日

アリャビエフのうぐいす

 アリャビエフ(Aleksandr Aleksandrovich Alyabiev)という作曲家はほとんど知られていませんが、この歌曲だけは、たまに演奏されることがあります。この主題はグリンカやリストが自分の作品に使っています。
 私が高校生の頃、ランパルの名演を聞いて以来、お気に入りの曲なのですが、他の演奏家では聞いたことがありません。
連休中に、このアリャビエフのうぐいすと、ドビュッシーの「子供の領分」から小さな羊飼いの2曲を吹いてみました。
 これらの曲のようにテンポの変化の激しい曲をMIDI伴奏に合わせて吹くのはほぼ不可能なので、最初に無伴奏で録音し、MIDIのテンポコントロールを駆使してむりやり伴奏を合わせる技法を使いました。
意外にうまくいくことを発見したので、ハンガリー田園幻想曲や萎める花にも挑戦できそうです。
 なお、使用した楽器はアリャビエフは銀のナガハラに18k-NR/DDA頭部管を使用し、ドビュッシーはナガハラにバーカートのオールドパウエルスタイルの頭部管をつけて吹いています。

ホームページでは小品集のページにおいています。
posted by Malcel at 17:49| Comment(0) | フルート演奏MP3
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。